日本ダービーまであと250日

jra jra jra

1位指名はエルプシャフト!!!  - 2015.03.16

ここまでは規定路線といわんばかりに
第二回目は

1位指名はエルプシャフト(牡)!!!

父:ディープインパクト 母:ビワハイジ 兄弟:ブエナビスタ、アドマイヤオーラ、アドマイヤジャパン
厩舎:角居 生産:ノーザンF 馬主:サンデーR

 

言わずと知れた現役最強繁殖牝馬。

その母の20歳の時の子供が本馬エルプシャフトになります。

馬名の由来は独語の「継承」だそうです。果たして種牡馬になるほどの成績を残せるでしょうか?

ビワハイジ産駒の獲得賞金を表にしてみました。

母の年 馬名 獲得賞金
6 ビワワールド ブライアンズタイム 7,247.9万円
8 ファインセラ サンデーサイレンス 5,107.5万円
9 アドマイヤジャパン サンデーサイレンス 16,863.7万円
11 アドマイヤオーラ アグネスタキオン 27,686.5万円
12 アドマイヤテンカ アグネスタキオン 13,125万円
13 ブエナビスタ スペシャルウィーク 138,643.3万円
14 アーデルハイト アグネスタキオン 0.0万円
15 トーセンレーヴ ディープインパクト 16,845.1万円
16 ジョワドヴィーヴル ディープインパクト 9,594.8万円
18 サングレアル ゼンノロブロイ 6,874.4万円
20 エルプシャフト ディープインパクト ?.?万円

 

 

こうしてみると牡馬ではアベレージ、牝馬ではGⅠ制覇が期待できるといったところですかね?

 

昔と比べると産駒成績が下がっては来ているので超特大のエース格は難しいかもしれないが、頼りにして良いお母さんだと思います。
POGシーズンであまり稼がなかった印象のあるトーセンレーヴも早くデビュー出来ていれば・・・と思う。

 

本馬の現在の馬体重が406kg、厩舎は角居厩舎を予定しているみたいです。

 

角居厩舎の特徴としては、積極的に重賞に挑戦していくこと。

これだけの血統馬、新馬戦を勝ったなら次は重賞か、最低でもオープン戦を使うと予想します。
そこで勝てればよし、負けてもまた重賞挑戦を繰り返すでしょう。

惜しい成績で負けが続くと賞金が足りずに・・・

と言うのもある気がします。

この馬を指名する人はデビュー時期と、体重により気を配るべきでしょう。

時期が早ければ重賞は堅い気もしますが、
遅いと賞金が足りずに・・・のパターンが怖い。

加えて馬体重。調教をしても馬体重が増えていくようなら迷わず指名!
馬体重の維持が難しいようなら要注意です。

重賞挑戦の機会が少なくなりますから。

デビューまでに420kg~430kg、レースを進めながら年末には430kg後半にはなって欲しい。

 それでも1位指名では確実にいなくなる血統ですので

欲しい人はお早めにどうぞ~!

それにしても写真を探して見ると胴長短足に見えるのは気のせいかなぁ・・・


トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.