日本ダービーまであと250日

jra jra jra

新種牡馬(ヴィクトワールピサ、ワークフォース、ドリームジャーニー・・・)  - 2015.04.27

この中から最低1頭指名してください~。

1.ヴィクトワールピサ

主な勝ち鞍はラジオNIKKEI杯(G3)/報知杯弥生賞(G2)/皐月賞(G1)/

有馬記念(G1)/中山記念(G2)/ドバイワールドC(G1)

兄弟に安田記念勝ち馬、アサクサデンエンと天皇賞秋2着のスウィフトカレント。

アサクサデンエンの父はシングスピール、活躍している馬はダートに多いようだ。

距離は1200m~2000m

スウィフトカレントの父はサンデーサイレンス、

こちらもダートが多めで距離も1200m~2000mだ。

 

ヴィクトワールピサ自身も短距離~マイルを得意とする牝馬に

つけれられている傾向がありそう。

クラシックディスタンスを期待して指名するならサウンズオブアースを兄にもつ

グローサーザール(母ファーストバイオリン)あたりになってきそう。

 

鈴木と夜の会社でドバイワールドップ一緒に見たなぁ~。

 

2.ドリームジャーニー

主な勝ち鞍は朝日フューチュリティ(G1)/神戸新聞杯(G2)/小倉記念(G3)/

朝日チャレンジC(G3)/産経大阪杯(G2)/宝塚記念(G1)/有馬記念(G1)

全弟にオルフェーヴル。父はステイゴールド。

父ステイゴールド×母父メジロマックイーンの成功例1号。

2歳~5歳、距離も1400m~2500mに勝ち鞍がある。

意外と万能選手?ダート馬を出す確率が低そう。体が小さかったが、そのあたりがどうでるか?

 

神戸新聞杯の3連単含め、その日は万券2つとって調子良かったなぁ~。

 

3.ワークフォース

主な勝ち鞍イギリスダービー(G1)、 凱旋門賞(G1)、ブリガディアジェラー(G3)(英)

父はキングズベスト、父父はキングマンボで日本の馬場にも適正がありそう。

距離も1400m~2400mまで勝ち鞍があり、クラッシクシーズンには問題がない。

 

 

4.カジノドライヴ

重賞勝ちはピーターパンS(G2)のみ。距離は1700m~1800m

半兄にベルモントステークス勝馬のジャジル、

半姉に同じくベルモントステークスとケンタッキーオークス勝馬のラグズトゥリッチズがいる。

ダートで大物を出しそうなイメージがありますが、

いかんせんPOG期間中にダート馬が活躍する機会が少ない。

他を選んだほうが無難か。

 

 

5.ナカヤマフェスタ

東京スポーツ杯2歳S(G3)/セントライト記念(G2)/凱旋門賞(G1)2着/宝塚記念(G1)

兄弟はあまり・・・ 父はステイゴールド。

意外性のナカヤマフェスタ。

ちなみに凱旋門賞2着のときの勝ち馬が上記のワークフォース。

どうにもつかみどころがなかったように思うが、渋った馬場が得意だったのかな?

スピード競馬全盛の時代にあって、33秒台の足を使ったことが1度しかない変り種。

面白いと思うのは兄タイセイレジェンド、母父メジロマックイーンとの配合。

父ステイゴールドの代わりを果たせるか!!?

 

6.キャプテントゥーレ

デイリー杯2歳S(G2)/皐月賞(G1)/朝日チャレンジC(G3)

兄弟にアルティマトゥーレ、クランモンタナ、父アグネスタキオン。

この皐月賞は歴史に残るつまらなさだったなぁ~。

この春は逃げ残りの競馬が多くて多くて、

本当に勝つきあるんか!!?っと思ったものです。

そのなかで川田ジョッキーの皐月賞は唯一、勝ちに行った騎乗で見事でした。

 

7.ダノンシャンティ

主な勝ち鞍毎日杯(G3)/NHKマイルC(G1)

兄弟は特に・・・ 父はフジキセキ

 

以下は名前だけを

・アサクサキングス(父ホワイトマズル)
・アンライバルド(父アフネスタキオン)
・ベーカバド(父Cape Cross)
・エーシンフォワード(父Forest Wildcat)
・ビービーガルダン(父チーフベアハート)
・サンライズバッカス(父ヘネシー)
・サクラメガワンダー(グラスワンダー)
・バンブーエール(父アフリート)

以下父も略————-
・ミリオンディスク
・トーセンイマジゲン
・トーセンモナーク
・エクラヴァンクール
・オウケンマジック
・シルクビッグタイム

 


トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.