日本ダービーまであと222日

jra jra jra

【新馬戦】阪神芝1800m ポルトフォイユ  - 2015.06.29

ポルトフォイユ

55点

2015/6/28
阪神 1800m
タイム 1:50.0
(2歳R 1:46.6)
絶対タイム 1:49.6
推定上がり 36.9
ハロンタイム 12.6 – 11.1 – 11.4 – 11.9 – 12.2 – 12.5 – 12.4 – 12.8 – 13.1

これもまたポルトフォイユ自身の評価が難しいレースとなった。

が、レースレベルはウンコのようなレース

 

馬場状態はJRA発表で「良」。ただ、荒れていたことは疑いがなさそう。

それでも、同じ外回りの4R未勝利1600mでの勝ち馬の上がり3Fが35.4、

最速は34.9が出る馬場状態。

にも関わらず勝ったポルトフォイユの上がりは3F、36.9。

40秒台の馬も3頭いた。

 

レースラップを見てみると1000m通過が59.2、上がり3Fが38.3

逃げたウインクレドの1000m通過は59.2だが、2番手を大きく離しての逃げで

2番手集団が1000m追加したのは60秒~61秒の間であろう。

新馬戦である事と馬場状態を考慮しても「多少早いレベル」に過ぎない。

前半800mが47.0、間200mを外して、最後800mが50.8。

スタミナを要求されるレース展開だったらしい。そんなに早いラップだろうか?(特に2番手以下)

全馬、1800mが長かったのだろうか?

後半にかけてラップが落ちていく珍しいレースとなった。

 

ポルトフォイユ自身は2着以下を5馬身突き放す内容だったが、

ポルトフォイユが伸びたと言うより、他が止まったという方が正しい。

逃げたウインクレドが止まるのは仕方がない。

後ろからポルトフォイユより速い足を使うものが1頭もいないのが情けない。

このレースの中に敵はいなかった。

このレースの中にポルトフォイユよりスタミナがある馬がいなかった。

戦前の評価通り、パワータイプのレースをした、

そういう結果であり、ポルトフォイユが強いかどうか評価は次走へ持ち越された。

次はパンパンの良馬場でキレを見てみたい。

 

 

ポルトフォイユやその他、勝ちあがり馬、全頭の採点一覧はこちら
番付表


トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.