日本ダービーまであと250日

jra jra jra

1位指名はポルトフォイユ!!かアストラエンブレム!!!  - 2015.06.25

むむ!アストラエンブレムは抽選漏れですね。

まだ新馬戦始まったばかりなのに7頭も抽選漏れとは・・・

それに比べて関西は9頭だてだし。バランス悪っ

1位指名はポルトフォイユ!!!

【基本情報】
父:ディープインパクト 母:ポルトフィーノ 母父:クロフネ
兄弟:ポルトドートウィユ
厩舎:高野厩舎 生産:ノーザンF 馬主:サンデーR
馬体重:491kgちょっと

【POG雑誌情報】
「安定感がありそう。兄のような素軽さはないけれど馬体に幅があって動きはパワフル。

「現時点では注文が一切つかない馬だ。柔軟性と力強さを兼ね備えており。」

「完成度の方は(兄より)こっちの方が上。見た目はお兄ちゃんの方が良いけど、持っている物はコッチ。」

「今の段階で兄よりも筋肉量が多くて体に厚みはあるが、総合的に比較するとお兄さんの方が良かったね。顔は似てる。」

 

【調教】

6月24日栗坂稍
助手 脚色G強
4F 54.7
3F 38.6
2F 25.0
1F 12.4
外ローレルベルカント一杯と併せで0秒5先着

 

【個人的見解】

去年、兄のポルトドートウィユを指名しており、いろいろ学ばせていただきました。

エアグルーヴ一族は春時点では完成度がなかなか上がらないとか、

高野調教師は出走に対しては慎重で、出るか出ないか微妙な選択を迫られる時は

「出ない。」を選ぶ、馬を大切にする人だと言うことも。

私の中で、総合するとPOGに向かない。と言う結論に至り、

弟は4,5位であまってたら指名しよう。そう思いリストの中盤におきました。

 

完成度がなかなか上がらないのくだりは同じくエアグルーヴ一族のドゥラメンテが

払拭してくれたのかもしれませんね。アドマイヤグルーヴの仔はなかなか早くても大丈夫なようです。

調教師も若手の方なので、いろいろ模索中なのかもしれませんが、

同じく馬を大切にする堀調教師旋風が起こってる昨今、馬を大切にしないわけがありません。

 

一番の気がかりポイントは筋肉量の多さと完成度が上、

そして弥永氏の「総合すると兄の方が良かった。」のコメント。

 

この記事で何回か触れているように、私は完成度が高い馬が好きではありません。

完成度が高い=伸びシロがない。と思ってるからです。

筋肉量が多い、パワフル=短距離馬か?ダート馬か?

兄の方が良かった=ポルトドートウィユより下では1位指名は出来ません・・・

ハズレ1位指名でレーヴァテインが取れちゃったしね。

そんなこんなで他の人の元に行きましたが、

得てして、こういうのが兄を超えて特大ホームランになる可能性もあるんだろうなぁ~とも少し思います。

 

1位指名はアストラエンブレム!!!

【基本情報】
父:ダイワメジャー 母:ブラックエンブレム 母父:ウォーエンブレム
兄弟:ブライトエンブレム、テスタメント
厩舎:コジマ厩舎 生産:ノーザンF 馬主:シルクR
馬体重:491kgちょっと

【POG雑誌情報】
「ウチにダイワメジャーの成功例はないんですが、この仔はダイワメジャーの仔って感じがまったくしません。

それがいい方に出てくれれば。」

「今まで見たメジャー産駆では珍しく顔が小さくて、脚元はすばらしい。馬体もピカイチ。兄より数段上」

「バランスが良くて文句のつけようがない。兄よりもいいかと・・・思わせる存在です。」

「この時期の評価は半兄より上、切れ味を発揮しそうなタイプ。」

 

【個人的見解】

母とは少なからぬ因縁がありまして・・・

桜花賞で母ブラックエンブレムの複勝馬券を30,000円買って出遅れぶっ飛ばれたという・・・

その後のオークス、秋華賞では4着、1着ですから狙いは悪くなかったんですけどね。

でも、けっして嫌いな馬ではありません。

 

さてさて、子供の方に話を戻して。

正直、最初からとる気がなかったので調べたのも初めての感があります。

こんなに良い評価を得ていたのですね。兄より上の成績だとG1勝ちしなきゃいけないと思いますが、

牡馬でキレがあるダイワメジャー産駆・・・

カレンブラックヒルもコパノリチャードもダイワマッジョーレも

父と同じような競馬スタイルで、切れで勝負するタイプではないですね。

キレるダイワメジャーは牝馬ならいますが、牡馬では初か!!!?

 

ダイワメジャー自身は2500mの有馬でも3着したことがあるので、もう少し長いところが走れる子供が出てくると思うのですが、今のところ2000mまでのイメージですね。

この時期のデビューですし、朝日杯~NHKマイルあたりが狙い目になってくるのでしょうか?

 

残念ながら除外となってしまいましたが、キレを発揮する競馬を見せてくれるのか、

新馬戦が楽しみになりました。

新馬戦くらいじゃ、その力を発揮する間もなく勝ってしまうのかもしれませんがね。

キレで勝負するという意味では天気の良くない今週のデビューは回避出来てよかったような気がします。


トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.