日本ダービーまであと222日

jra jra jra

【新馬戦】京都2000mサトノダイヤモンド  - 2015.11.08

サトノダイヤモンド

65

2015/11/8
京都 2000m
タイム 2:03.80(2歳R1:59.8)
絶対タイム 2:01.40
推定上がり 34.8
ハロンタイム 13.0 – 12.1 – 13.1 – 13.4 – 12.7 – 12.0 – 12.6 – 11.7 – 11.7 – 11.5

馬場が重発表で行われた本レース。

 

この日の他のレースを見ますと、サトノダイヤモンドの上がり3F34.8sは

10Rオープンの京洛S34.6s、

12R1000万下の34.5sについで早いものです。

 

1000m通過が64.3sでかなり遅いですが、1:25過ぎに3着のダノンアローダが仕掛けたことで前半後半の流れが別物になりました。

サトノダイヤモンド自身は 先行集団で、流れに惑わされることなく淡々と送れずに着いて行きます。

4コーナー回った時点ではダノンアローダにもまだ余力が残っているように見えますが、追い出した瞬間に抜き去られて後はサトノダイヤモンドの独壇場。手ごたえも楽に2着ロイカバードを寄せ付けず2.1/2馬身差でデビュー戦をものにしました。

 

 

「重」で評価が難しいのですが、サトノダイヤモンド自身はいい競馬をしています。ただ、他の馬に目を向けたときに、終始内ラチ沿いを回り余裕たっぷりのはずが、あっという間においていかれた2着ロイカバードをはじめ、全然脚が長続きしないダノンアローダ等、まわりの馬はちょっと情けないものがあります。

このレースの正体が、「ものすごくタフなレースで他の馬は着いていくのが精一杯だった。」という内容だったときに、サトノダイヤモンドの再評価が必要でしょう。

今のところ、私の目には他が弱かったと写っています。

その割には高得点ですが

ひとまずは番付欄外に置かせていただきます。

番付表


トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.