日本ダービーまであと222日

jra jra jra

阪神JF-メジャーエンブレム  - 2015.12.20

2歳G1が終わったタイミンングで阪神JFを分析してみたいと思います。(朝日杯は後日)

下の表にあげたのは阪神競馬場改修後の阪神JFの記録です。(蛇足で+今年の朝日杯FSの記録)

いまだに破られないウオッカの基準タイムが燦然と輝きますが、

それ以外のレースは大体1:34代での決着。

今年の阪神JFもそれに漏れず、1:34代での決着ですが、大きく違うのは上りと内容です。

例年は8番手~12番手の馬の差し切り。

メジャーエンブレムは上り3F35.8で逃げ切り。

 

メジャーエンブレムの35.8はローブティサージュの35.9に続く遅さ。

それを今年の出走メンバーはまったくとらえられず2馬身差の完勝劇ですから、

他の馬のレベルがいかに低いかわかってもらえると思います。

ローブティサージュの年のように阪神JF上位馬は桜花賞で誰も馬券に絡まないという事が容易に起こるでしょうね。高得点つけているサプルマインド、ルフォール、ラルクやまだデビューしていない馬があたりがまとめてひっくり返す可能性も感じます。

 

勝ち馬 馬場 タイム 上り3F 2着
2015 リオンディーズ 01:34.40 33.3 エアスピネル
2015 メジャーエンブレム 01:34.50 35.8 ウインファビラス
2014 ショウナンアデラ 01:34.40 34.0 レッツゴードンキ
2013 レッドリヴェール 01:33.90 34.1 ハープスター
2012 ローブティサージュ 01:34.20 35.9 クロフネサプライズ
2011 ジョワドヴィーヴル 01:34.90 34.1 アイムユアーズ
2010 レーヴディソール 01:35.70 33.9 ホエールキャプチャ
2009 アパパネ 01:34.90 34.3 アニメイトバイオ
2008 ブエナビスタ 01:35.20 34.8 ダノンベルベール
2007 トールポピー 01:33.80 35.2 レーヴダムール
2006 ウオッカ 01:33.10(R) 34.2 アストンマーチャン

今回の阪神JFの結果を受けて、メジャーエンブレムに負けた馬は一律で点数を下げておきたいと思います。

 

たとえ2着のウインファビラスでも桜花賞ではほぼ洋ナシでしょうからね。


トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.