日本ダービーまであと281日

jra jra jra

【GⅡ】スプリングステークス  - 2016.03.16

本部元年に私のお馬さん、フライングアップルが征した、自分にとって縁起が良いレースです。

あの年はダイワスカーレットをシンザン記念で破ったアドマイヤオーラや朝日杯の勝ち馬ドリームジャーニーなど有力馬が弥生賞に回り、フライングアップルは共同通信杯3着からの参戦。しかし、対戦相手にも恵まれ1番人気1着となったのでした。

今年もこの流れでよろしくお願いします!

 

ロードクエスト 75点

何度か触れていますが、この採点は、このロードクエストの新馬戦に75点をふったところを基準に出来上がってます。あぁいう新馬戦やハープスターより上と評価した新潟2歳のレースをしてくれれば、メンバーにも恵まれたココは確勝級なのですが・・・ 復帰戦のホープフルSはあのタイムで負けるかね?って感じです。毎回最後方からになってしまうので中山ではそれが凶ですね。

 

 

ドレッドノータス 62点

前走はラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス。レース復習編では

”内枠を利しての先行2コーナー過ぎまで首を上げて少し掛かり気味ですね。最後によく他と変わらない脚でまとめたなぁと思います。このレースの勝ち馬ではありますが、もし外枠だったら?全然違う結果だったでしょう。今日は枠も味方しました。アドマイヤエイカンと同じ点数”と残しました。

そのアドマイヤエイカンですがホープフルSではロードクエストにあっさり交わされてますね。点数通りといっていい力差だったと思います。ドレッドノータスも相当力をあげてこない限り勝つまでは難しいかも・・・

 

ハレルヤボーイ 61点

先日やっと500万下で2勝目をあげました。休ませているのでしょうか?

 

マイネルハニー 62点

11月の新馬勝ちの際のコメントは「他が弱すぎる。7馬身差も評価は中くらい」。その後の成績を見ると62点はあげすぎかなぁと思います。

 

マウントロブソン 65点

得点が残っていませんでしたのであすなろ賞の短評を。この日の小倉は馬場が速いのか8Rの4歳以上500万以下2000mでも1:59.3の2分を切るタイムが飛び出ています。その他のレースもタイムがいいです。あすなろ賞のタイムは1:59.8です。前半1000mが61.1s。2分を切るレースとしては前半は遅いですね。マウントロブソン自身は1:10過ぎで進出開始。ラップが11秒台を刻み、速くなったところでの進出開始です。あとは息を入れる間もなくゴールまで追い通しで後半は58.7s。さすがに最後は12.6sと脚があがりますが、タフなレースしてますね。着差は少ないですが内に位置したノーブルマーズや最後だけ脚使ったラハトケレブよりは断然強いでしょう。戦ってきたメンツもリスペクトアースにディーマジェスティとなかなかです。悩みますが65点の高評価!高すぎかな・・?

 

ミッキーロケット 62点

スプリングステークスに出てくると聞いてます。こちらは松若騎手からルメール騎手に変わり鞍上大幅強化!とはいえ、松若騎手のうまくない騎乗も補正して62点にしてるので、大幅な前進は見込めないかも。

 

採点対象は以上です。

 

予想

弥生賞に比べると小粒なメンツが集まりました。多頭数で行われると後ろからは、なかなか届きづらいですが、小頭数で行われると後ろからも届いています。基本的に中山なので前有利!

 

◎ロードクエスト

この点差です。立て直して来れば負けないでしょう。

 

○マウントロブソン

息の長い末脚で魅力的です。(人気でしょうけど・・・^^;)

 

▲ミッキーロケット

先行馬有利で▲はドレッドノータスにしようと思った刹那!果たしてマウントロブソンに競り負けたドレッドノータスが馬券内に残れるか?の疑問がわきました。 ならば後ろから権利取りにルメール確保のミッキーロケットの本気度が上回る気がします。(適当)

 

△ドレッドノータス

先行できるのはやっぱりいいですよね。

 

△ハレルヤボーイ

この世代の物差し!

 

 

ここはだいぶ点差があるメンツばかりなので、たとえ後ろからになってしまってもロードクエストにどうにかしてほしいレースですね。


予想コーナーの回収率は?

トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.