日本ダービーまであと281日

jra jra jra

ラジオNIKKEI杯京都2歳S  - 2016.11.24

アダムバローズ 62点

未勝利勝ちにつけた点数は60点。コメントは「もっと折り合えたらいいねぇ~」というものでした。続く紫菊賞でも、そこまで折り合いバッチリってわけじゃあないんですが、見事な逃げ切り。タイムは2:00.9はいいですが、上り35.0sはいただけませんね。当日は古馬の1000万馬クラスでも33s台出てます。目指す高見が重賞制覇なら、2歳馬といえどもう少し上りは欲しいですね。点数は61点のワンダープチェックに勝ってますので2点アップの62点で。

 

ヴァナヘイム 68点

萩Sで2着に負けましたが、ジョッキーの油断と慢心でしょう。1000m通過が1:02.4sを後方で進めちゃああかんです。結局34.0sの脚は使ってますが、34.1sの脚を使った馬に価値を許す展開。当日は重賞のスワンSでサトノアラジンが33.6sとかですので、2歳馬にしたら合格点です。もっと切れる脚がつかえると見込んでますが、見込み違いかな??

 

カデナ 68点

未勝利勝ちの点数が68点とコメントが「楽!タイムも稍ならいいんじゃない」というもの。ただ、こちらもヴァナヘイムと同じく次にスローの切れ味勝負で負けてしまいました。1000m通過を1分4秒くらいのレースを後方2番手で進めてしまいました。ちなみにラチ沿いで馬の後ろに入れてるのにかかってますね。あの位置でかかるのはちょっと心配材料。

 

ダノンディスタンス 63点

最近忙しくて採点をさぼっているので、初の採点になります。これも2000mの新馬戦らしくスローの切れ味勝負。外を回ってよ~く伸びていますね。手足が太いのでディープインパクトの子供じゃあないと覗いてみると父ルーラーシップと母アゲヒバリ(その母トゥザヴィクトリー)で、なるほど、血統が良いお馬さんでしたか。日本の誇る2大繁殖牝馬エアグルーヴとトゥザヴィクトリーの2頭が血統に入っているなんてw次の代になればサンデーSも4代目になるし、牝馬だったら面白い配合出来そうだなぁ。

デビュー戦は526kgとかなりの大型なので、2戦目はもっと良くなってくるんじゃないかな~?感です^^

 

プラチナヴォイス 64点

未勝利で残した点数は64点。コメントは「前崩れってやつだな」でした。萩Sでは展開の利があってヴァナヘイムに勝てたと思っています。

 

ベストアプローチ 59点

トゥザクラウンがデビューしたレースの勝ち馬ですね。調教から動いていたので、順当勝ちといったところですが、内容自体は2:02.1の勝ちタイムに上り34.8s。それでいて余裕があるわけでもありませんでした。コメントにも「あっ!思ってたより低レベル・・・」と残っていました。

 

ワンダープチェック 61点

このレースの物差しになってますね。あまり勝つ姿は想像できません。

 

予想編

去年はアドマイヤエイカンやドレッドノータスが上位に来たレースですね。今年はそれよりグッとレベルが上がった印象です。出走頭数10頭で少ないので、ここもスローの上り勝負が見えてきますね。

 

◎カデナ

予想前はヴァナヘイムにするつもりでしたが、こっちの方がキレそうなので。

年末の指名はこれでもいいなぁ。

 

〇ヴァナヘイム

もう1個上がある気がするけど、前走くらいしか走れないと、ここでも大勢の中の1頭。

 

▲プラチナヴォイス

また、スローになりそうなので

 

△ダノンディスタンス

大型の良血馬。2戦目で前進が見込めそう。

 

△ワンダープチェック

ヤネ武豊で選びました。

 

以上です。

今週は嫌いたい馬がいないので、当たるかも^^


予想コーナーの回収率は?

トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.