日本ダービーまであと222日

jra jra jra

アーリントンCとその他を振り返る  - 2017.02.26

1000m通過59.1sとマイル重賞らしいいいペースですすみ、全体時計もミッキーアイルの1:34.0やレインボーラインの1:34.1と肩を並べるタイムになりました。

先行した①カロス、④レヴァンテライオン、⑩スーパーモリオンなど、もとから実力不足も相まって最下位からワンツースリー、2番人気、かかり気味に3,4番手を進んだミラアイトーンも1.6s差の8着に沈みました。

ちょっと脱線して、このミラアイトーンの2番人気というのは引退する武幸四郎騎手へのご祝儀オッズではないんですね・・・?三連複や三連単もミラアイトーンがらみは人気だったみたいなので、ちょっとビックリ! これ買うなら◎6番人気レッドアンシェルでしょう!

話を戻して、予想編では◎レッドアンシェルが先行集団にいることを期待しておりましたが、まさかのペルシアンナイトの後ろ。先行していたら、ハイペースにまきこまれて2着にはいられなかったかも?? 点数は現状維持の66点で良さそうですね。やはり朝日杯では進路が塞がれて力を出し切ってはいなかったと思います。

3着ディバインコードは渋いレース回りしますねぇ~ 内枠を利して3着に来ているんでヴゼットジョリー64点に勝っているとはいえ、あげられて62点まで。

勝ったペルシアンナイトはこれまでで一番強い競馬だったのではないでしょうか?新馬戦は相手が弱くて、力半分で勝ててますし、アイビーSではかかってしまってますし、こうやまき賞は結果を求めた乗り方で、安全策。 68点だったのを2点切り上げて70点にしておきます。

マイナス面で気になる点を一つ。全体が上り3F、11.4 – 11.3 – 12.3のところをペルシアンナイトは追い抜いていくんですが、のこり1F手前では先頭に立っています。ってことは最後の1Fの12.3sはペルシアンナイト自身の時計です。ペルシアンナイトの上り34.0sを3Fに分散させると11.0-10.9-12.3や10.9-10.8-12.3という数字がペルシアンナイトの上り3Fとして出てくるんですが、ラスト2Fから1Fへの数字の落ち方が激しいですよね。1s以上遅くなってる。ちなみに最後はちょっと流しただけで、抜けた後もしっかり追われています。脚が一瞬しか使えない可能性もありそうです。

 

水仙賞は⑤イブキの逃げ切り。道中13s台を4回も出すようなドスローで1000m通過1:04.3。その割に上りの34.4sも平凡ですね。7Rの3歳500万下でも34.8sとか出てますし。元が56点のイブキを58点にあげるまでで。 我が指名馬サトノクロニクルも強いの競馬はしてますが、展開のアヤで負けてしまうようだと。。。 力でねじ伏せてほしかった。

 

すみれSはクリンチャーが4馬身差で快勝。まったくノーマークの馬で未勝利も3馬身差で勝っています。でも、勝った未勝利も、このすみれSもちょ~っとレベルが低いんじゃないかなぁ・・・ タガノアシュラキセキも全然走れてない・・・ クリンチャーには59点くらいでじゅぶん。 キセキも2戦続けての凡走なので、同じく58点でそろえておきます。 きっと古馬になってからじわじわっと1600万下~オープンクラスにまでは上り詰めるでしょうが、この春はおしまいですね。

 

以上です。


トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.