日本ダービーまであと200日

jra jra jra

【新馬戦】中京芝1600m ロスカボス&芝1400m エスティタート  - 2015.07.07

ロスカボス

58

2015/7/5
中京 1600m
タイム 1:41.0
(2歳R 1:35.80)
絶対タイム 1:40.0
推定上がり 34.7
ハロンタイム 13.2 – 12.4 – 13.2 – 13.6 – 13.4 – 12.5 – 11.2 – 11.5

1番人気アストラエンブレム、2番人気ロスカボス、

単勝人気2倍台を分け合った2頭が仲良く5、6馬身の出遅れ。

だが、枠順の差が2頭の勝敗を分けた。

 

13秒台が5回も記録されたように、新馬戦ならではの超スロー。

1000m通過が65.8と出遅れた2頭が馬群に取り付くには楽な数字となった。

枠順の差もあるが、ジョッキーの差もあるだろう。

出遅れたにも関わらずロスカボス、デムーロ騎手は内に潜り込んで、

アストラエンブレム、秋山騎手は当然ながら外に進路をとった。

1000m通過時点ですでにロスカボスは馬群中団、アストラエンブレムは最後方。

秋山騎手は当然のように外に進路を取り、4コーナーが終わって直線に入ったところで

最内を通ったロスカボスとの差は4馬身程度か?

 

一瞬、アストラエンブレムの脚が勝るかに見えたが、馬群から外に出されたロスカボスと

最後は脚色が一緒になり、ロスカボスが3/4馬身、アストラエンブレムを抑えきった。

 

枠順が逆だったら?騎手が逆だったら?たらればを考えずにはいられないが、

道中でこまめに足を使って直線も伸びたロスカボスを素直に褒めたい。

アストラエンブレムには勝ち馬より高い点の62点。

 

エスティタート

59

2015/7/5
中京 1400m
タイム 1:24.7
(2歳R 1:21.50)
絶対タイム 1:23.8
推定上がり 35.6
ハロンタイム 12.7 – 11.7 – 12.0 – 12.3 – 12.3 – 11.8 – 11.9

新種牡馬ドリームジャーニーの勝ち馬第1号!

競馬をしたのは直線だけ。

直線では前がふさがり行き場をなくすも、残り2Fで前が開くと

難なく前の馬を捉え1着でゴールイン。

3F目いっぱい終えていたら34秒台後半の足は使ったと思っていい。

 

一年前の7/6中京牝馬限定1400mを去年の自分の指名馬コートシャルマンが勝っていた。

無理に比較すれば、内容はエスティタートが若干上か。

 

自分のイメージで中京勝ちはレベルにハテナがつくような気になっていたが、

2年前の7/14中京芝1400mではハープスターが出てるし、そうでもないのかも。

 

牝馬限定がつかなければw

 

 

今週は記事にしていませんがいいのがいました!全頭の採点一覧はこちら
番付表


トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.