日本ダービーまであと199日

jra jra jra

皐月賞 -ダービーもディープ丼でよさげ-  - 2016.04.18

雨予報でしたが、天気は悪くならずに、馬場は「良」。

ただ、風は強かった~。夜のニュースでは多摩市などで足場が崩れたニュースを扱うほど、強風が吹きました。

その中で行われた皐月賞にしてはタイムが早い!

リスペクトアースが逃げることは予想の反中ですが、リズムを重視してリオンディーズが2番手へ。それでも向こう上面ではデムーロが手綱を引いています。ここがリオンディーズの弱さですね。

1000m通過は58.4s、ハイペースです。

直線へ向かうと、満を持して後ろで待機していた組が外を通って先頭へ!勝ち馬のディーマジェスティが34.0s、2着マカヒキが33.9sの脚で追い込んで1,2着。 終始前を走る形になったリオンディーズの上りが36.1sですので、その差2s。上りだけで8,9馬身の差がなくなるような競馬でした。

私の◎だったサトノダイヤモンドも5、6番手から追い込んだんですが、それほど切れませんでしたね。

 

勝利ジョッキーインタビューを見ると

蛯名ジョッキーが

「3コーナーで前をとらえれば、どうにかなるんじゃないかと思っていた。思い通りになることは少ないが、今日はうまくいった。」

 

と言っていますが、その通りに、だいぶ早めから追い出していますね。上り3Fはマカヒキが上ですが、この早目の追い出しが最後まで着差として響いてます。ジョッキーの胸元のリボンはゴール方面へたなびいています。向こう上面では向かい風、ゴール前は追い風っだったのですね。

 

ディーマジェスティの長く使える脚は東京へ行けば、より強力な武器になるでしょう。ゴール前の着差や脚色だけに目を向けてしまうと、逆転はなさそうなのです。ただ、このペース、この風。 すべては前に行った馬にきつかったはず。リオンディーズに不利を受けたサトノダイヤモンドとエアスピネル、鋭く抜け出したディーマジェスティとマカヒキ、この4頭はほぼ五分といってもいいと思います。 リオンディーズは操作性がもう少し良くならないと距離延長は歓迎できませんね。 ただ、折り合えちゃったときに、この馬が抜けて強い可能性があると思います。兄エピファネイアのジャパンカップのような競馬も夢ではないと思います。


トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.