日本ダービーまであと200日

jra jra jra

我がPOG馬サトノアーサーとレイデオロを改めて採点  - 2016.12.06

今年こそは優勝を!!

その念願に近づく2頭の快勝劇!!

今のところ牡馬は主役不在だけに、この快勝は相当嬉しいです!

デビュー戦でレイデオロには65点、サトノアーサーには64点をつけていましたが、果たして・・・!?

 

レイデオロ

タイム、いいですね。開幕週なのでこのタイムの真価のほどはこれから問われますが、今んとこ2000mで2:01.00を出している2歳馬はレイデオロが初めてです。4コーナーで最後方だったときは、ダメだーって思いましたが、中山で差し切るとはなかなか!

たんだ~~、この差し切り劇の正体は、周りの馬が止まったせいでしょうね。レイデオロの上りが34.7sに対し、他の馬は2番目に速い馬でも35.3s。0.6s遅いってことは3馬身・・・ 1000m通過が1:01.00ですから対して早くありません。レイデオロが強いというよりは、他が弱いというべきでしょうね。

12Rの3歳以上1000万下ではレコードタイムより3.7秒も遅いですが、上り33.7sも出てます。母ロンドンブリッジのグレーターロンドン、こちらは連を外したことない素質馬。

ここまでで、70点台をあげるような内容ではないと判断いたしました。

3点プラスの

68点

で臨みたいと思います。

 

サトノアーサー

対照的にこちらはスローの上り勝負。1000m通過1:05.3のドスローってやつですが、それでも上り32.7sは素晴らしい!!今年の2歳馬はもちろん、去年からつけ始めた自分の記録の中にはいません。阪神改修後では初めてとか読みましたが、そちらは真偽不明。ですが、それほど速い末脚です。

(マカヒキが2戦目の若駒S(京都)では2:02.4の上り32.6sとかもありますが)

もう一点評価したい点はデビュー戦でスタミナ勝負を経験していること。前走は重馬場で、前後半が全く異なる流れを、1000mほぼ追い通しで1着になってます。

シクラメン賞見た直後は、スローの末脚自慢、例えばスマートオーディンのような完成形を思い浮かべてしまいましたが、デビュー戦を思い出して安堵しました。

次はもっと早いペースを経験させたいですが、それでも、まぁ問題なく切れるでしょう。

直線では川田ジョッキーが、左を振り返って、誰も来ないよね?っと確認。次は右横を見て、どれくらい離したかなと確認しています。手ごたえが楽だってことですよね。

調教もかなりこなして、いい時計出してます。それでも馬体重を4kg増やしてきました。こういう馬は走ると思ってます!

自分の馬なら尚更、ちょ~っと、勇気がいるんですが、この結果から、現時点で最高点の

77点

つけたいと思います。牡馬ではちょっと抜けた存在になった気がしています。

敵は重馬場のみ!


トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.