日本ダービーまであと198日

jra jra jra

年始からの良かった馬をピックアップ!  - 2017.01.23

年始からの点数つけの更新を怠っていました。

サクッと良かった馬を振り返っておきます~。

 

まず、今週の開催で牝馬の大物候補がまた1頭!ファンディーナです。1800mの新馬戦でスローなのですが、4コーナー過ぎから独走状態。終わってみると9馬身差の圧勝でした。ペースは違いますが上り34.3sは古馬も含めこの日のレースでNo.1。 一瞬、インパクトの強さに80点つけようかと思ってしまいました。そこはリスグラシューなどの70点以上の牝馬のレースも改めて見なおして、最終的に70点で様子見です。

POG的観点からすれば、自分にいい牝馬がいないので、ぜひこの馬にオークス取ってもらって、他人の妨害をしてほしいところです^^

 

若駒Sを勝ったサトノリョウガですが、61点です。この馬に触れる際は2着のエアウィンザーに触れないわけにはいかないと思います。戦前の若駒Sの予想編で「2戦目くらいしか走れないと、ここでは届かないかと。」っと書いた通りの結果。デビュー戦より2,3戦目は内容を落としています。当サイトの採点は、勝ち上がったレースを対象にしておりますので、エアウィンザーは64点どまりの馬です。サトノリョウガよりは強い競馬をしていたことは間違いないと思います。 内からスルスル抜ける馬に負けるような馬なんです。兄エアスピネルとは違いますね。

どちらについて語っているか、わからなくなってしまいました・・・

 

今更ながら、ホウオウパフュームについても。 タイムの2:01.50も早いし、上りも34.5sとこの中山開催では破格のタイムだ!とぱっと見は思いましたが、この日はそれまでより芝が軽い日でしたね。 他の古馬のレースでも34s台のタイム出てました。やはり有馬記念のサトノダイヤモンド35.5sとレイデオロの35.7sの差とは比べようもないですね。とは言え65点つけておきます。

 

自分の指名馬サトノクロニクルについて。鞍上のシュミノー騎手の騎乗スタイルをイマイチ把握していませんでしたが、スタートすぐに気合を入れて前にとりつくクレバーっぷり。スローが予想されましたし、馬場も稍重なんで、この時点であとは何馬身離すかなぁ~っと注目していたんですが、手ごたえよく直線に向いても後ろを振り切れず、2着の馬に抵抗を許す勝利。 はっきり言って物足りない内容で、59点をつけました。 ダービー出走を期待できる馬だと思っていただけに残念です。 次は中山の水仙賞を予定とのことなので、ここでしっかり強い内容で勝ってほしいです。

 

 

ファンディーナはスタート出てから、一生懸命走りすぎなのが気になりました。力んで走って逃げ勝っちゃったんで、次はかからな行ければいいなと思います。次でかかってしまうと、勝ったとしてもオークスは難しくなってくるでしょうね。

 

以上で~す。


トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.