日本ダービーまであと198日

jra jra jra

しょうがないけど毎日杯反省会  - 2017.03.28

絶対これは良くなってくる!経験則でそう思った期待は見事に裏切られてしまいました・・・我がPOG馬サトノアーサーの事です。

たんだ!

毎日杯的にはレベルが高いっぽいんですよね~。しっかり分析していきまっせ!

まずタイムがいい!ディープスカイの1:46.0やキズナの1:46.2の両ダービー馬に続く1:46.5!2歳レコードより0.1s速い!土日に阪神1800mのレースが4歳以上500万下、君子蘭賞3歳500万下、3歳未勝利っと毎日杯含め4鞍組まれていましたが、タイムは他より1秒以上早いです。日曜日のメイン六甲ステークスは2歳レコードで走れていません。

 

 

やけっぱちで逃げた8番人気テイエムヒッタマゲが作り出したペースが1000m通過1:00.1。キズナの年が58.6s、ディープスカイの年が59.0sなので、そんなに早くないですね。1000m通過するとすぐにテイエムヒッタマゲのリードはなくなるので、後ろはスローだったといってよいでしょうか。ちなみに5F目のテイエムヒッタマゲのラップが12.7sなので、他が速くなったというより、ヒッタマゲが力尽きたという方が近いと思います。

 

テイエムヒッタマゲに変わって先頭になるのは我がPOG馬、クリアザトラック。でも、評価は64点でしたし、ここでも力んで走ってるんで、アルアイン相手にすぐに先頭を譲ります。残り4Fのラップ12.0 – 11.1 – 11.3 – 12.0はほぼアルアインのラップです。(ホントは0.1だけクリアザトラックが先頭で通過してるかな?) クリアザトラックは相手でなかったにしても、内枠を生かしインでロスなく進めてるんで、これくらいはやれていいかなって思いますね。クリアザトラックは差し戻しの63点。アルアインは4点アップの67点くらい。

 

後ろから3F33秒台をくりだしたのはサトノアーサーキセキの2頭。ほぼ、同じような位置取りから、キセキは内へ、サトノアーサーは外へ。ただ、外といっても直線に入るところで持ち出してるんで、ロスはそれほどでもないかなぁと思います。

 

前半のスロー気味の流れから、近年で3番目のタイムになるまで速かった後半800m。その中を追い上げてるので2頭は間違いなく強いと思いますよ。

 

ただ、スロー気味に流れたのだとしても、そうだとしてもサトノアーサーには勝つだけの力があるとは思ってました。そう成長すると思ってました。

今回はスタートして1Fで10馬身は差がつくダッシュ力の無さが敗因だと思います。せめて3馬身先のキセキの位置取りにいることが出来たら・・・かかる可能性がある馬なので、川田騎手も押していけなかったかな? 多頭数なら1枠を利して馬群に入れて折り合いつけることもできたでしょうが・・・ダービーでは多少押していっても前にフタが来るような内目の枠が欲しいですね^^後は進路さえ空けば、末脚爆発!

 

かなりお膳立てが必要な感じになってきましたが、それでも勝てますな。

 

キセキは元から2点アップの67点へ。サトノアーサーは71点にします。


トップページヘ


Copyright © FubashinDigital Co. All ritghts reserved.